潟Iークラハウスは名古屋市北区にある、分譲住宅の販売、マンションリフォーム・販売、オール電化リフォーム、不動産売買・仲介をしている会社です。
潟Iークラハウスは名古屋市北区にある、新築分譲住宅の販売、デザイナーズマンションリフォーム・販売、オール電化リフォーム、介護福祉関連リフォーム、不動産売買・仲介等の業務を通じ、『住まいづくりは豊かな未来の基盤創造』と考えより良い住まい作りにチャレンジしている会社です。
 HOME不動産に関するマメ知識>購入限度額の見積もり
 ■不動産に関するマメ知識

 購入限度額はどう見積もればいいのでしょうか?

 不動産探しで最初にやるべきことは「購入限度額」を見積もることです。
 不動産にはエリア、価格に応じて様々な物件がありますから、まず自分自身が購入できる
 予算を立てることで、絞込みを行う必要があるのです。
 せっかくいい物件を見つけても、予算をオーバーしていたら無理な購入になってしまいます。
 一方で 試算をしてみると、思ったよりも予算が取れるというケースもあります。
 では初めに、購入可能額を計算してみましょう。


 購入可能額とは!? 

 手持資金-購入の為の諸費用+住宅ローン借入限度額=購入限度額
 
 上記の計算で出す事ができます。

 諸費用の額はおよそ「購入物件の6〜10%」と見積もっておけば大きく外れることはありません。

 ここで問題になるのが「住宅ローン借入れ限度額」です。
 住宅ローンの借入限度額は、実際には物件の種類(新築/中古、戸建/マンション)によって変わってきます。
 それぞれの種類に応じて、借入れ可能年数が変わってくるためです。
 詳しくは当社スタッフにご相談ください。


 購入可能額をはじめ資金計画については、当社サービススタッフが専門知識を発揮して
 ご相談 に応じさせて頂きますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
 考え方としては、こうして明らかにした借入れ可能年数に、月々のローン支払い限度額を
 かけあわせて住宅ローン借入れ限度額を算出していくことになります。




不動産に関するマメ知識

まず最初に不動産基礎知識
をご覧下さい
購入限度額はどう見積もれば
いいのでしょうか?
ローンの手続きはどうなって
いるんですか?
予算と希望が合わないときには
どうすればいいのですか?
一戸建てとマンション、選ぶ
ポイントはどこですか?
一戸建てにはどんな買い方の
種類があるのですか?
一戸建ての工法の種類には
どんなものがあるのですか?
「品確法」ってどんな法律
ですか?
シックハウス対策は大丈夫
なのでしょうか?
家探しではどんなことに
注意すればよいのですか?
信頼できる営業担当とは
どんなことなのですか?
現地をみるときに注意すべき
ポイントは?
引越しの費用はどれくらい
かかるのでしょうか?


不動産に関するマメ知識に戻る

HOMEに戻る

Copyright© 2007 Okurahouse co,.ltd. All rights reserved